年金が75歳からになる?

公的年金は、もらい始める年齢を本人の
選択で遅らせられる制度がありますが、
この制度について、田村厚労大臣が
NHKのテレビ番組(5月11日放送)に
出演した際に、現在の70歳から75歳
くらいに引き上げることを検討する考え
を示しました。

これは、年金をもらえるが75歳からに
なるということではありません。

現在でも、国民年金の受給開始年齢は
基本的に65歳(厚生年金では60歳か
ら65歳に引き上げている段階)です
が、本人の希望で60歳からもらいはじ
めたり、もらいはじめるのを70歳まで
遅らせたりすることができます。

この制度は、年金の繰上げ受給、または
年金の繰下げ受給と言います。

年金の繰上げ受給(または年金の繰下げ
受給)を利用すると、どれくらい受給額
が減るのか(増えるのか)は日本年金
機構の公式ページに説明がありますので
参考にしてみてください。

年金をもらいはじめる年齢を早くすると
月々もらえる金額は減り、逆に遅くする
と月々の金額は増えます。

この、70歳まで遅らせるできるという
制度を75歳まで可能にしてはどうか
検討するということが大臣が発言した
ことです。

田村大臣がNHKの番組で発言したのを
そのまま紹介すると、

「例えば75歳まで選択制で広げる提案
が与党から出ており、一つの提案と認識
している。選択の幅をのばすのは、一つ
の方向性としてはある」

ということです。

この番組では、受給開始年齢を現在の原
則65歳から、一律で引き上げることに
ついても話し合われましたが、大臣は
「国民の反発は非常に大きい」と述べて
います。

年金が75歳からになるということは
今のところなさそうです。
posted by mojo at 11:49 | マネー

国民年金 2年前納

国民年金保険料の2年前納が2014年
(平成26年)からはじまります。

2年前納を利用すると、国民年金保
険料が、1年前納や半年前納と比べ
て、より大きな割引きがあります。

私は東京23区在住1月上旬に年金
機構から案内がとどきましたので、
さっそく手続き(同封の申込書に
必要事項を記入し返送)しました。

2年前納の手続きは、日本年金機構
のホームページから申込書(PDF)を
ダウンロードして郵送することもで
きます。

国民年金保険料の2年前納のポイン
トをまとめると

・2014年(平成26年)4月末の口座振
替分からスタート

・2年前納を利用すると、保険料を
毎月納付する場合に比べ、2年間で
約14,000円の割引になります。

・国民年金保険料の控除については
2年前納をした年に、2年前納分全額
がその年の社会保険料控除の対象に
なります。


国民年金保険料の2年前納について
もっとも気になるのは、割引きに
ついてです。

例えば2013年度(平成25年度)の
例では、

国民年金の保険料は1か月あたり
15,040円、1年間で180,480円です。

保険料を口座振替で1年前納する
と、176.700円になり、3,780円分
割引きされます。(月額315円の
割引)

国民年金の2年前納では、割引が
約14,000円ということなので、
年間7,000円、月額約583円という
計算になり、割引額がさらにアッ
プします。

2年前納となると、口座から振替
される金額が30万円以上になるの
で、ちょっと大変です。

まあ、私は国民年金の保険料は
いずれは払うものだと思います
ので、どうせ払うのなら、割引
額が大きい2年前納の方がいいと
判断し、手続きをしました。

自営業の方は、2年前納を利用す
ると、支払った年は控除額が大
きくなり、翌年の国民年金の保
険料の支払いがない年は控除額
が減るので、注意が必要です。
posted by mojo at 12:50 | マネー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。