マイヤージャパン 電子レンジ圧力鍋

マイヤージャパンの電子レンジ圧力鍋が週末の情報
番組で紹介されていました。やはり手軽にカンタン
に調理できるというのが魅力的で、人気のようです。

マイヤージャパンの電子レンジ圧力鍋の価格ですが
楽天市場でチェックしてみると、どのショップも送料
込みで5,250円でした。価格が同じなので、楽天でこの
電子レンジ圧力鍋を購入するならポイント10倍のショ
ップがおすすめです。アマゾンでチェックしてみるも、
同じ5,250円で、送料は配送地域により無料、でした。

電子レンジ圧力鍋は人気のため入荷待ち、在庫切れの
ショップもあります。ベージュ(MPC-2.3BE)とレッド
(MPC-2.3RD)の2種類の色があり、ベージュの方が
人気のようで、入荷待ちになっているショップが多く
ありました。

マイヤージャパンの電子レンジ圧力鍋のレシピですが
商品にはレシピ集が付属されているみたいですね。

「電子レンジ 圧力鍋 レシピ」で検索すると、いろん
なレシピを画像付でたくさん紹介しているブログが見
つかると思います。

電子レンジ圧力鍋の口コミを楽天の販売ページでレビ
ューをチェックしてみると、

「普通の圧力鍋にくらべるとパワー不足で時間がかか
りますが、軽いので洗うのもカンタンですし、シリコ
ンスチーマーよりたくさん料理ができるので、あると
便利だと思います」

のような口コミがありました。やはり、通常の圧力鍋
と同じようには使えないようですが、手軽に料理ができ
たり、後片付けがカンタンというのが何よりもうれしい
ですね。
posted by mojo at 11:31 | 家電

ほこたてで炊飯器が米炊き職人と対決


「ほこたて」(9月5日放送)で、象印の炊飯器が米炊き職人と
対決しました。

今回のほこたての対決内容は、米炊き職人(懐石料理の板前さん)
が、釜で炊いたご飯と、炊飯器で炊いたご飯を見分けることが
できるのか、という勝負でした。

ほこたて勝負の結果は、職人さんは釜で炊いたご飯をちゃんと
当てました。ただ、すんなり当てたかというと、そうではなく
途中で首をかしげたりして迷っていました。

ほこたてのスタジオでは、今回の炊飯器で炊いたご飯と、釜で
炊いたご飯との区別ができていなく、まったくわかららないよ
うでした。

今回番組に登場した炊飯器は象印の極め羽釜NP-SS10というもの
で、職人さんの釜と同じ南部鉄器でできています。

極め羽釜NP-SS10(象印)は、番組放送の時点では未発売で、
象印のサイトをチェックすると10月下旬発売予定、希望小売
価格136,500円となっていました。かなり高いですが、毎日食べ
るご飯がおいしくなるなら10万円以上でも払ってもいいかな
という気はします。楽天やアマゾンなどではこの炊飯器の予約
を受付中です。

今回のほこたての勝負に登場した米炊き職人さん(懐石料理の
板前さん)のお店では、天日干しされたお米しか使っていない
そうで、また季節によって水の量や火加減を微調整して炊いて
いるとのことです。道具だけよければいいということではない
ですね。

特別のお米ではない市販のお米をおいしく炊くということなら
釜ではなく、炊飯器でじゅうぶんな気がします。


posted by mojo at 11:24 | 家電

感熱紙ファックス、ランニングコストで選ぶなら

感熱紙のファックスをずっと使っています。小さい事務所で
毎日5〜10回くらいファックスを受信します。一時期普通紙
のファクシミリを使用していたこともあるのですが、トナーと
ドラム代で年間2万円をかかるため、またコストの安い感熱紙
のファクシミリに換えました。

感熱紙のファックスのメリットはやはりコストパフォーマンス
の高さ(ランニングコストの安さ)です。普通紙のファクシミ
リはトナー、ドラム、インクリボンなどを定期的に交換する必
要があり、その費用がかなりかかります。私の場合はブラザー
の普通紙ファクシミリ(プリンターとしても使える複合機)を
使用していましたが、年間のトナーとドラム代で2万円以上か
かっていました。普通紙ファックスと比べて、感熱紙のファッ
クスは交換するのは感熱紙(ロール紙)だけで、トナーやドラ
ム代がかかりません。感熱紙(ロール紙)はアスクルなどで注
文すると、A4サイズ30mのロール紙1本あたりのコストは
300円弱なので、普通紙ファックスで年間のトナーとドラム
代2万円があれば、この感熱紙(ロール紙)が60本以上購入
できることになります。ロール紙60本というのは、1週間に
1本使用したとしても1年以上の分なので、感熱紙ファックス
のランニングコストは圧倒的にいいと思います。

感熱紙ファクシミリのデメリットに、長時間保存しておくと
文字が消えるということがありますが、私の経験では2、3年
くらいなら大丈夫です。ファックスで長期間保存する必要のあ
るものを受信するということはあまりないと思いますが、もし
あれば、コピーなどしておけばOKです。最近では大手の家電
店などでも、感熱紙ファックスの機種(サンヨー、パナソニッ
ク、ブラザーのみ?)がほとんどないので、これから無くなっ
てしまうのかなとちょっと心配ですが、このコストパフォーマ
ンスに優れているファクシミリはずっとあってほしいと思いま
す。
posted by mojo at 10:34 | 家電

サンヨーのエアシス空気清浄モードで人気

サンヨーのエアシス(airsis)とえいば、最近もっとも注目を
集めている掃除機だと思いますが、エアシス人気の秘密は、
空気清浄モードです。

エアシスの空気清浄モードはとてもユニークで、他の家電メー
カーの掃除機の排気をキレイにするというだけの機能とは異な
ります。エアシスももちろん、排気をとことんクリーンにする
ように工夫をされています。マイナスイオンと「ULPAリングフ
ィルター」の多重構造の清浄システムで、0.3μm以上のハウス
ダストをほぼ100%キャッチし、お部屋の空気よりキレイな
排気を実現しています。三洋電機のホームページで、エアシス
をチェックすると、いくつものフィルターにより、排気をキレ
イにするがわかるイラストがありました。

エアシスが注目を集めている一番の理由は空気清浄モード
「エアークリーン」です。この機能は空気清浄機の機能です。
掃除が終わったあとに、掃除が終わった後、ホースを抜いて
掃除機本体のボタンを押せば「空気清浄モード」になり、10
分間の自動運転で空気を清浄してくれます。掃除機をかけると
どうしても細かいチリ、ホコリなどが空気中に舞い上がってし
まいます。この掃除機でとりきれなかった細かいホコリなどを
とってくれる最後の仕上げのような作業を「エアークリーン」
がしてくれるということですね。

エアシス(airsis)の機能で、もう1つ注目したいのが、ウェ
ットシートをとりつけて、拭き掃除もできてしまうこと。掃除
機のウェットシート対応ブラシにシートをとりつけて掃除をす
るだけで、シートの取り外しは簡単のようです。いつも掃除機
をかけたシートで床を拭いていましたが、エアシスなら、全部
できてしまうような気がします。

三洋電機のエアシスの価格ですが、さすがにこれだけの機能が
ついて、人気のため、あまり安くはないですね。sc-xd3000は
最も安いところで5万円台、SC-XD10Lは4万円弱のようです。
口コミの評価は高いようです。
posted by mojo at 10:31 | 家電
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。