年金が75歳からになる?

公的年金は、もらい始める年齢を本人の
選択で遅らせられる制度がありますが、
この制度について、田村厚労大臣が
NHKのテレビ番組(5月11日放送)に
出演した際に、現在の70歳から75歳
くらいに引き上げることを検討する考え
を示しました。

これは、年金をもらえるが75歳からに
なるということではありません。

現在でも、国民年金の受給開始年齢は
基本的に65歳(厚生年金では60歳か
ら65歳に引き上げている段階)です
が、本人の希望で60歳からもらいはじ
めたり、もらいはじめるのを70歳まで
遅らせたりすることができます。

この制度は、年金の繰上げ受給、または
年金の繰下げ受給と言います。

年金の繰上げ受給(または年金の繰下げ
受給)を利用すると、どれくらい受給額
が減るのか(増えるのか)は日本年金
機構の公式ページに説明がありますので
参考にしてみてください。

年金をもらいはじめる年齢を早くすると
月々もらえる金額は減り、逆に遅くする
と月々の金額は増えます。

この、70歳まで遅らせるできるという
制度を75歳まで可能にしてはどうか
検討するということが大臣が発言した
ことです。

田村大臣がNHKの番組で発言したのを
そのまま紹介すると、

「例えば75歳まで選択制で広げる提案
が与党から出ており、一つの提案と認識
している。選択の幅をのばすのは、一つ
の方向性としてはある」

ということです。

この番組では、受給開始年齢を現在の原
則65歳から、一律で引き上げることに
ついても話し合われましたが、大臣は
「国民の反発は非常に大きい」と述べて
います。

年金が75歳からになるということは
今のところなさそうです。
posted by mojo at 11:49 | マネー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。