接遇といえば平林都さん

接遇(せつぐう)といえばこの人、平林都さんです。エチカ
の鏡などのテレビ番組で、平林都さんのスパルタ式のきびしい
接遇講習の様子は既に何度も紹介されていますので、ご覧に
なった方も多いと思います。

接遇(せつぐう)とは、いわゆるマナー講習、接客講習のこ
とです。平林さんは、エレガントマナースクールを開業し、自
ら講師として病院や自動車販売店など数多くの場所で接遇(マ
ナー)講習・研修を担当、受け持った企業や店舗の業績を確実
に伸ばし、現在では年間で300件以上の研修をこなしているそ
うです。

平林さんの接遇の研修内容はエチカの鏡で何度も放送されてい
ますが、ショップの店員さんなどは、あまりのきびしさで泣い
てしまう人もいました。マナー研修では妥協を許さない平林さ
んですが、それだけ本気で接遇(接客)についておしえている
ということだと思います。エチカでは、美容室、お菓子の販売
店などでの接遇の様子が紹介されていましたが、どれも本当に
一生懸命に接遇、マナー研修をされているなというのが正直な
印象です。飲食店などで、味はいいんだけど、接客態度がひど
くて利用する気がなくなるという経験がときどきありますが、
そういうところの経営者の方にとっては、こういう平林さんの
接遇、マナー講習の様子は非常に役に立つのではないかと思い
ます。

平林都さんは最近「平林都の接遇道」という本を出版されてい
ます。エチカでの接遇研修で有名になったということもあると
思いますが、マナー講師、接遇講師としての平林さんの著書に
も注目が集まっているようです。


posted by mojo at 11:39 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。