医療事務講座

医療事務の講座を受講する人が増えているそうです。
医療事務の講座が人気なのは、やはり医療事務の勉強
をして資格を取得すれば、医療施設への就職が有利に
なるからです。その医療機関の数はこれからますます
高齢化する日本では増える一方で、また一人が医療機関
を利用する頻度も増える傾向になります。医療機関が
増えるということは、医療事務として働く人もそれだけ
必要ということ、つまり医療事務は働きたいと思う人に
とっては、「売り手市場」とも言えるということです。

では、医療事務とは何かというと、主な仕事は、医療費
の計算をする事務の仕事です。病院などの医療機関に行
って支払う医療費は、保険(国民健康保険、社会保険など)
が大半をカバーするため、患者が全額を払うことはほとん
どありません。その計算の事務をするのが医療事務の主な
仕事です。

医療事務の講座の勉強は、記憶力を試すテストではない
そうで、試験によっては教材を持ち込んでOKなものや、
医療事務の講座を終了すると、自宅で受験できるところ
もあるそうです。

医療事務はいわゆる国家資格ではないため、複数の民間
団体が認定試験、検定試験などを主催しています。例えば、
・技能認定振興協会による医科医療事務管理士
・日本医療事務協会による保険請求事務技能検定試験
・日本医療教育財団による医療事務技能審査試験
などがあり、医療事務の講座を提供している会社により
目指す試験が異なるようです。「医療事務講座」で検索
し、比較検討してみてください。

医療事務の講座によっては、講座が終了したあとの就職
の相談、サポートもしてくれるところもあるようです。
posted by mojo at 17:47 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。